ホーム » 未分類 » PGSホームが扱う塗料

PGSホームが扱う塗料

PGSホームは大阪に本社をおき、各地に支店を出して全国展開している外壁塗装を中心とした会社です。市販の塗料も使用しますが、特徴的となっているのが、自社で開発したオリジナルの塗料です。光触媒である酸化チタンを使用して塗装面をコーティングします。
PGSホームが商標登録もしている塗料で、スーパーチタンプロテクトと呼ばれる高性能なものです。
防水、防汚、防カビ、防藻効果だけでなく、抗菌や空気浄化効果もある塗料なのです。また、弾性も高くひび割れもしにくくなっているようです。酸化チタンの光触媒効果によって従来の塗装にはないさまざまな効果のある塗料のようです。

スーパーチタンプロテクトのさまざまな効果

PGSホームが開発したスーパーチタンプロテクトにはさまざまな効果があります。まずは、防水効果の高さです。塗膜は弾性の高いものとなっていて、防水効果がさらに高まっているようです。

また、光触媒の効果によって、防汚性能も高く、汚れの付着を防ぎ、汚れを浮き上がるとのこと。
その結果、汚れは簡単に水で洗い流すことができるのです。雨水でさえ、汚れを洗い流してしまうほどなのです。一般に雨がふると外壁は汚れてしまうのですが、PGSホームのスーパーチタンプロテクトは雨が降ると逆に外壁がきれいになるようなのです。防カビ、防藻効果も高く、全体的に汚れにくい塗装となっているようです。

さらなる効果として、抗菌、空気浄化も期待できるようです。これは、光触媒である酸化チタンの特徴で、汚れや有害物質を分解する効果によるものです。結果として、安心安全で長持ちする塗料となっているようです。

塗料自体は無色透明なのですが、見る角度によっては、光の屈折率の関係で若干白く濁って見える場合があるようです。

PGSホームのその他の事業

PGSホームは基本は住宅の塗装を行う会社ですが、その他の事業として、太陽光発電システムの販売設置や中古住宅の販売も行っています。
太陽光発電システムにも力を入れており、扱っている東芝の住宅用太陽光発電システムにおいては、優秀販売店賞の全国1位を獲っているほどです。近年、ZEHなどで太陽光発電が注目されています。PGSホームでは、2002年から太陽光発電システムに関する事業を始めており、その実績も豊富にあるようです。
中古住宅に関しては、不動産業のような中古物件の売買とは異なり、中古住宅を自社でリノベーションしたものを販売しているようです。そのため、扱いはあまり多くありません。また、新築の住宅は扱っていないようです。