一度の面接で結果が出せるPGSホーム

就活を始める中、エントリー後に何度も面接や採用試験を受けに行くのを面倒に感じる就活生も少なくありません。
書類審査を通過した後は一次面接を受け、その後、役員面接を1~2度受けなくてはならず、一つの会社に何度も足を運ぶことになります。
結果的に内定をもらえれば良いですが、最終面接までいったのに不採用となることもあり、無駄足を運んだと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、最近では二次面接や三次面接まで用意している会社が多く、就活生は一つの会社に貴重な就活時間を割くことになります。
なるべく早めに内定をもらうことができれば、その分だけ時間を有効活用できるので、できるだけ面接数が少ない会社を見つけたいものですよね。

採用面接が1回のPGSホーム

大阪府に本社を構えるPGSホームは関西地域を中心に全国に数多くの支店をもつ会社で、外壁塗装や光触媒コーティング、太陽光発電などを販売しています。
テレビコマーシャルでもおなじみなので、PGSホームをご存じの人も多いかもしれませんが、会社規模からすると採用についても厳しい基準を設けているように感じるものです。
しかし、PGSホームは採用面接を1回のみのスピード採用方式を取り入れており、何度も面接を受ける必要がありません。
エントリー後に面接を1回受け、すぐに結果を出してくれるので、就活のために時間をとられることもありません。
PGSホームでは営業総合職や施工管理スタッフ、管理本部スタッフを募集しており、新卒から中途採用まで幅広く人材を求めているようです。

PGSホームについて詳しく知る!

女性社員も活躍しているPGSホーム

PGSホームではおよそ47パーセントの女性社員が役職についており、女性が活躍できる職場として知られています。
いくら結果を出してもなかなか認めてもらえない会社も多いですが、PGSホームでは男女を区別することなく、成果に合わせて昇格・昇給が可能になっているようです。
また、転勤のない会社なので、女性が働きやすい会社といえるのではないでしょうか。
成績や会社都合などで他の支店に異動になることがありませんので、地元でじっくり腰を据えて長く働き続けることが可能です。
基本的に残業のない会社なので、時間になると帰社できるため、結婚している女性や子どものいる女性も正社員として活躍することができるのでしょう。
休日もこの業界にしては隔週休2日と休みが多いので、プライベートを充実させている人も多いようです。
年齢層も幅広く、20代から50代までさまざまな年代層の社員たちがそろっており、50代や60代でも第一線で活躍している人たちもいるようです。

建築業界を狙うならPGSホームがおすすめ

就活を行う場合、いきなり企業にエントリーするのではなく、自分がどのような業界に進みたいのか自己分析を行わなくてはなりません。
既に進みたい業界が決まっているとしても、そこでどのような仕事をしたいのか、自分にはどのような職種が合っているのかなどを自己分析する必要があります。
お目当ての企業があるならどのような事業を行っているのか、仕事内容はどのようなものなのかなどを事前に調べることも必要です。
就活が解禁されてから始めるとスタートダッシュに遅れてしまうことになりますので、解禁される以前に自己分析と企業の下調べを終わらせておきましょう。
また、就活のための下準備をしておくことも必要です。一般常識や社会人としてのマナー、面接での受け答えを練習しておくと、スムーズに就活を進めることができます。
エントリー後の面接で履歴書の提出を求められることもありますので、事前に履歴書を作成しておくのもおすすめです。
履歴書はパソコンで作成しておけば面接の都度、作成する手間を省けますので、事前に作成しておきましょう。

建築業界に興味があるなら

将来的に建築業界に進みたいと思うなら、大阪に本社のあるPGSホームがおすすめです。PGSホームは外壁塗装や光触媒コーティング、太陽光発電などを主に販売している会社で、今後の成長が期待されている会社のようです。
PGSホームは1983年に外壁塗装を行う会社として誕生し、その後は太陽光発電事業にも力を入れており、現在では外壁塗装事業と太陽光発電事業を柱として、事業の拡大を続けています。
PGSホームは関西地方や中部地方、中国地方や九州地方、関東地方に支店を設けており、現在では約300名もの社員が全国で活躍しているそうです。

今後も需要が広がるPGSホーム

最近では中古住宅を購入してリフォームやリノベーションを行う人も増えており、今後もこの流れは増加傾向にあるとされています。
そのため、住宅ペイントを行うPGSホームも顧客からの依頼が多く、今後ますます需要が増えると思われます。
外壁塗装をすることで防水や防汚効果を発揮するため、リフォーム後の住宅が長持ちすることから、多くの顧客が利用しているようです。
PGSホームはアフターフォローを徹底している会社なので顧客からの信頼も厚く、リピートして利用される顧客も少なくないようです。
住宅ペイントを施工後に無料点検を行っており、半年後に家に足を運び、状態をチェックします。
光触媒塗装を施行した顧客には最大で15年間の保証をしており、不具合などが生じた場合はアフターフォローを行ってくれます。

すぐに結果を出してくれるPGSホーム

就活解禁日が廃止されることになり、今後はどのように就活を始めれば良いか戸惑っている学生も多いかもしれませんね。
とはいえ、国が主導している就活スケジュールは従来通りなので、3月に採用情報を公開し、エントリー受付を始め、6月から選考開始という会社も多いようです。
企業によってはこれよりも早く選考を開始していることもありますので、興味のある企業はいつから選考が始まるのか自分でチェックする必要があります。
就活が解禁されたとはいえ、3月からエントリーを受け付ける会社が多いことから、3月を目途に就活を考えている学生も多いようです。
3月になってスムーズにエントリーができるよう、事前に就活準備を済ませておく必要があります。また、お目当ての企業がいつからエントリーを開始するか分からない場合もありますので、いつでもすぐにエントリーできるよう準備をしておいたほうが良いでしょう。

面接が一度のPGSホーム

どの企業もエントリー後は説明会や採用試験、面接などを行いますが、その都度選考を通過し、再度企業まで足を運ばなくてはなりません。
できるだけ就活には時間を取られたくないと思う人も多いですが、一社の最終面接まで進む場合、エントリー後に説明会を受け、三次面接まである場合は最低でも4回はその企業に足を運ぶことになります。
他の就活先とバッティングしてしまうとどちらかを諦めなくてはならないので、効率が悪いと考えている学生も多いことでしょう。
建築業界に興味があり、早めに結果を出したいと思うならPGSホームがおすすめでしょう。PGSホームはエントリー後の採用面接が一度だけなので、何度も会社まで足を運ぶ必要がありません。
PGSホームでは新卒はもちろん、中途採用の場合も面接は一度だけとなっていますので、すぐに結果を出したい人におすすめの会社です。

PGSホームってどんな会社?

PGSホームは1983年に設立した会社で、外壁塗装や光触媒コーティング、太陽光発電などを主に取り扱っています。
大阪に本社を構えており、近畿地方を中心に、中部や中国、九州や関東などにも数多くの支店を展開しており、今後も事業が拡大されると思われます。
PGSホームは住宅ペイントを主に取り扱っていますが、そのほかにも屋根や外構などのリフォーム工事も行っています。
太陽電池や太陽光発電の開発と普及に取り組んでおり、これまで多くの雑誌や新聞などに掲載され、注目を浴びている会社です。
リフォームやリノベーションを行う住宅が増えていることから、今後も外壁塗装の需要は増えると思われる会社です。

すぐに転職したいならPGSホームがおすすめ

転職活動を行う場合、現職を辞めてから始めるか、それとも在職のまま転職活動を行うか迷う人も多いのではないでしょうか。
仕事を続けながら転職活動を行う場合、自由に行動できる時間が制限されてしまうため、希望の会社が求人を出していても面接の日程が合わないこともあります。
面接に進むことができたとしても、役員面接まで何度も会社に足を運ばねばならず、何度も会社を休むことができないため、途中であきらめてしまうこともあるでしょう。
また、働きながらだと時間がとれないことから、複数の会社に応募することができず、転職先を見つけるまで時間がかかってしまいます。
早めに転職先を見つけたい場合、会社を辞めてから探したほうが良いように思えますが、すぐに転職先が見つかる保証もありません。
転職活動を行っている間の収入が途絶えてしまうので、一人暮らしをしている人の場合、転職活動中の資金を蓄えておく必要があります。
転職する場合、仕事を辞めるにせよ辞めないにせよ、どちらにしてもデメリットがあることを理解して、自分にとってなるべくデメリットが少ない方法を考えて仕事を辞めるかどうかを決めたほうが良いでしょう。

採用面接が少ない会社を選ぼう

転職活動を有利に運びたいなら、なるべく面接回数が少ない会社を選ぶことです。大阪に本社のあるPGSホームは、採用面接が一度だけなので、何度も面接のために会社を休む必要がありません。
PGSホームで採用された場合、すぐに入社することも可能なので、期間を空けず仕事を続けることも可能です。
また、PGSホームでは入社時期も相談に応じてくれますので、すぐに入社できない場合でも面接を受けることができます。
PGSホームは全国に支店を設けていますが、原則として転勤がありませんので、地元でしっかりと腰を据えて働きたい人におすすめの会社といえるでしょう。

プライベートも充実できるPGSホーム

PGSホームは外壁塗装や光触媒コーティング、太陽光発電などを取り扱っている会社ですが、この業界には珍しく、残業のない会社として知られています。また、休日も隔週休となっているため、プライベートを充実させることも可能です。
PGSホームは現在も事業拡大を続けているため、積極的に採用を行っており、全国各地で数多くのスタッフが採用されています。今後もさらに事業拡大を予定していますので、多くの人材を求めているようです。
外壁塗装というと専門的な知識が必要なように思えますが、PGSホームでは年齢や経験は一切不問としていますので、やる気のある人材であれば活躍することができるでしょう。

PGSホームが扱う塗料

PGSホームは大阪に本社をおき、各地に支店を出して全国展開している外壁塗装を中心とした会社です。市販の塗料も使用しますが、特徴的となっているのが、自社で開発したオリジナルの塗料です。光触媒である酸化チタンを使用して塗装面をコーティングします。
PGSホームが商標登録もしている塗料で、スーパーチタンプロテクトと呼ばれる高性能なものです。
防水、防汚、防カビ、防藻効果だけでなく、抗菌や空気浄化効果もある塗料なのです。また、弾性も高くひび割れもしにくくなっているようです。酸化チタンの光触媒効果によって従来の塗装にはないさまざまな効果のある塗料のようです。

スーパーチタンプロテクトのさまざまな効果

PGSホームが開発したスーパーチタンプロテクトにはさまざまな効果があります。まずは、防水効果の高さです。塗膜は弾性の高いものとなっていて、防水効果がさらに高まっているようです。

また、光触媒の効果によって、防汚性能も高く、汚れの付着を防ぎ、汚れを浮き上がるとのこと。
その結果、汚れは簡単に水で洗い流すことができるのです。雨水でさえ、汚れを洗い流してしまうほどなのです。一般に雨がふると外壁は汚れてしまうのですが、PGSホームのスーパーチタンプロテクトは雨が降ると逆に外壁がきれいになるようなのです。防カビ、防藻効果も高く、全体的に汚れにくい塗装となっているようです。

さらなる効果として、抗菌、空気浄化も期待できるようです。これは、光触媒である酸化チタンの特徴で、汚れや有害物質を分解する効果によるものです。結果として、安心安全で長持ちする塗料となっているようです。

塗料自体は無色透明なのですが、見る角度によっては、光の屈折率の関係で若干白く濁って見える場合があるようです。

PGSホームのその他の事業

PGSホームは基本は住宅の塗装を行う会社ですが、その他の事業として、太陽光発電システムの販売設置や中古住宅の販売も行っています。
太陽光発電システムにも力を入れており、扱っている東芝の住宅用太陽光発電システムにおいては、優秀販売店賞の全国1位を獲っているほどです。近年、ZEHなどで太陽光発電が注目されています。PGSホームでは、2002年から太陽光発電システムに関する事業を始めており、その実績も豊富にあるようです。
中古住宅に関しては、不動産業のような中古物件の売買とは異なり、中古住宅を自社でリノベーションしたものを販売しているようです。そのため、扱いはあまり多くありません。また、新築の住宅は扱っていないようです。